イクオス リニューアル

これまで薄毛や抜け毛に悩む多くの人が使ってきた育毛剤「イクオス」ですが、このたび成分やパッケージ等を大幅リニューアルしました。

 

実はこのリニューアルを望む声は前々から挙がっており、そうした声によってメーカーがより使いやすく、そして効果が実感しやすいよう改善してくれた形となったわけです。

 

では、具体的にどういった部分がリニューアルされたのでしょうか?

パッケージがリニューアル

他の育毛剤を比較して分かったイクオスのデメリット」でもお話ししていますが、今までのイクオスはノズルが使いづらく、使いやすいさの面から言うととても好評とは言えませんでした。

 

しかし今回、こうした声を受けてノズルをより使いやすいように改良。

 

具体的にはこんな感じです。

 

 

これにより「前より使いやすくなった」という声が多数挙がっています。

成分の種類を大幅増加

今までは「イクオスに含まれている育毛に効果的な成分」で紹介した成分のみだったイクオスですが、今回のリニューアルによってより多くの成分を配合しました。

 

特に注目なのは次の3つです

 
Algas−2(アルガス)

 

Algas−2とは株式会社キーリーが開発した育毛成分で、毛包を育てる効果がある「M−034」と高い再生能力を持つ「ペルベチアカナリクラタ」の2つの海藻エキスが凝縮配合されています。

 

これはミノシジルと同じくらいの発毛促進効果があるといわれています。

 

由来は天然の海藻ですから、肌の弱い人や女性にも安心して使うことができます。

 

実際にAlgas−2はリニューアルされたイクオス以外のイクオスにもいくつか使用されており、副作用が起こる報告は1つもないことから、使用上のリスクについてはあまり心配しなくてもいいでしょう。

 

ペルベチアカナリクラタエキス

 

Algas−2にも使用されているペルベチアカナリクラタエキスはフランスのブレア諸島の海外に密生する海藻エキスで、強い生命力と保水力を持っているエキスです。

 

元々生えている環境が厳しいため、その中でも生息できる海藻のエキスということで、有用性が非常に期待されている成分の1つでもあります。

 

主な働きとしては

 

  • 高い保湿
  • 細胞の代謝能力の向上
  • 髪の毛の成長の促進

 

などがあり、これらによって育毛効果を高めています。

 

 

スサビノリエキス

 

スサビノリエキスとは有明海岸で取れる「スサビノリ」から抽出されたエキスで、この中にある「ポルフィラン」と呼ばれる海藻多糖成分には、ヒアルロン酸と同等以上の吸保水力があります。

 

髪の毛は紫外線を毎日浴びていたり、頭皮が乾燥したりすることによってコラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分を合成する細胞が破壊されていきます。

 

これが抜け毛につながっていくわけですが、スサビノリエキスはこうした細胞の新陳代謝を促す効果があり、毛髪の強度向上にも大いに期待できる成分です。

 

リニューアルによって起こるデメリットは?

今回リニューアルされたイクオスですが、これによって使いやすさも効果の実感しやすさも大きく向上されています。

 

特に効果については、これまで老若男女問わず使えるイクオスがより多くの人に使ってもらえるようになったので、以前使ったものに実感できなかった人は、改めて使ってみるのもアリだと思います。

 

口コミやレビュー、さらにはイクオスの特徴についてはこちら↓で紹介していますので、購入前の参考にしてください。

 

 

 

>>イクオスの口コミや評判についてはこちら