イクオス 効果

イクオスが育毛剤として人気なのは、含まれている成分が発毛に非常に効果的だからです。

 

 

イクオスには育毛のための8種類のエキスと、頭皮ケアに効果的な10種類のエキスが配合されており、この18種類のエキスを頭皮に与えることによって抜け毛を減らしたり発毛を促進させたりすることにつながっていきます。

 

その中でも特に効果的なのは次の6種類と言われています。

ミツイシ昆布由来エキス

 

ミツイシ昆布由来エキスは別名「M−034」と呼ばれており、AGA治療薬さながらの育毛効果を発揮すると言われています。

 

昔から昆布やワカメなどの海藻類は髪の毛に良いと言われてきましたが、実は海藻類には体の健康や髪の健康に効果的なミネラルや栄養素がたっぷりと含まれているうえ、酸化防止の効果もあるので、アンチエイジング効果も期待できます。

 

その中でも特に注目されているのがミツイシ昆布由来エキスです。

 

ミツイシ昆布由来エキスは、昆布独特のぬめり成分に含まれており、育毛効果が期待できると判明してからは、イクオス以外にもさまざまな育毛剤が使用しています。

 

 

オウゴンエキス

 

オウゴンエキスは「コガメバナ」と呼ばれる植物の根から抽出したエキスのことで、抜け毛の原因となる悪玉男性ホルモンDHTの元となっている5αリダクターゼの働きを抑制する効果があると言われています。

 

もちろん天然成分ですから副作用の心配はありません。

 

 

グリチルリチン酸2K

 

多くの育毛剤に含まれている成分の1つがグリチルリチン酸2Kです。

 

中国で古来生薬として広く使われてきた甘草(かんぞう)に含まれている成分で、抗炎症効果や抗アレルギー効果があると言われています。

 

そのため、育毛剤のみならずニキビケアなどのスキンケア用品にも含まれている成分なのです。

 

このグリチルリチン酸2Kが含まれていることによって頭皮についている雑菌などを抑え、頭皮の環境を良くしてくれる働きがあります。

 

 

センブリエキス

 

センブリエキスとは、センブリという草から抽出したエキスのことで、血流の改善や毛細血管の拡張に効果的と言われています。

 

また、細胞分裂の促進にも効果的と言われており、髪の毛を作っている毛母細胞の働きを活発にすることで、髪の毛の生産活動にも好影響を与えることから、育毛効果も期待できるエキスとして使われています。

 

 

ビワ葉エキス

 

ビワ葉エキスはビワの葉から抽出した植物成分のエキスで、毛髪成長を促進させる「FGF−7」の生産を促進させる効果があります。

 

そもそも髪の毛は【成長期→退行期→休止期】の一連の流れを経て脱毛するのですが、ビワ葉エキスには、成長期を止める「FGF−5」の働きを弱めて、脱毛までの時間を延ばす働きがあるのです。

 

 

ボタンエキス

 

ボタンエキスは牡丹から抽出したエキスで、血行促進や抗炎症作用があります。

 

また、ボタンエキスには末梢血管の拡張作用があり、これによって毛母細胞の活動が活発化し、髪の毛の成長期を伸ばしてくれます。

 

髪の毛は生えてから抜けるまで一定の周期で行われるのですが、ボタンエキスは成長期の期間を延ばしてくれるため、髪の毛が生えてから抜けるまでの期間が長くなり、それによって抜け毛が減る・・・ということです。

 

それ以外にもイクオスには育毛や抜け毛予防に効果的なエキスが多数含まれています。

 

もちろん成分だけ立派・・・というわけではなく、しっかりとイクオスを使って効果を実感した人達もいますので、彼らの口コミなどを聞いて実際に使ってみようかどうかを判断してもらえばと思います。

 

 

>>イクオスの口コミや評判についてはこちら